歯列矯正治療の症例紹介③  <神戸矯正歯科審美>

症例③ 矯正治療後と詳細

大人の歯列矯正歯科治療

症状:受け口、永久歯が逆転して生えている

症例写真③治療前矢印症例写真③治療後

乳歯の頃から虫歯が多く、受け口傾向でしたが、永久歯が逆転して生えてきていました。

顎の成長期にフェイスマスクによる矯正治療ができたので、外科処置の必要なく正常な歯並びになりました。

フェイスマスクとは、上顎前方牽引装置になります。
顎外固定装置の1つで、反対咬合(受け口)の矯正治療に用いられる治療法。

引っ張る形状で上あごを正規の位置に出す治療法です。

▽矯正歯科治療・症例集一覧ページに戻る

ページ上まで戻る


診療時間案内

診療時間案内

ドクター電話無料相談

電話お問い合わせ

メール相談・ご質問・お問い合わせ