インレー 審美診療③<神戸矯正歯科審美>

穴を塞ぐ詰め物治療「インレー」

より多くの方が経験している治療法になります。虫歯などで空いた穴を歯科治療素材を使い、穴を埋めて塞ぐ治療法。
保険治療では素材に金属を使っていますが、金属アレルギーや溶け出して体内に入ることから、セラミックなどの審美素材が人気の治療法となっています。

【治療前】保険治療でのインレー

インレー保険治療

保険治療でのインレーは歯の色と異なる銀色になります。銀歯と呼ばれていますが銀100%ではなく、銀46%パラジウム20%銅20%金12%その他2%の割合です。
つばの中に溶け出し、金属アレルギーの原因になることがあります。保険治療枠に適応される方法で作る為、フィットはあまり良くありません。そして治療後の虫歯(二次カリエス)になりやすい事、そして歯質より硬いため、咬み合う歯をすり減らしやすいこと、これらがデメリットになります。


【治療後】セラミックインレー

セラミックインレー

当院は歯科技工士が院内に5名在中しています。患者様の意向や担当医との連携を重視し、院内技工士が患者様の歯の色に合わせて、より自然に審美的に仕上げています。

「数を造る歯科技工」ではなく、「時間をかけた納得のいく仕上がり」で取り組んでいます。

そしてセラミックには金属が含まれていないので、金属アレルギーになりません。
保険の治療とは異なる精密な型でつくるので、フィットが良く、レジン系セメントで歯質と接着させるため、治療後の虫歯になりにくい事が特徴です。
保証期間は5年になります。

お電話やメールでのご質問やご相談は、お気軽にご連絡ください。
当院の歯科医師がご対応させて頂きます。


トップページへ 

ページ上まで戻る


診療時間案内

診療時間案内

電話お問い合わせ

メール相談・ご質問・お問い合わせ