ラミネートべニア 審美診療⑥<神戸矯正歯科審美>

芸能人ご用達の貼り付け型義歯「ラミネートべニア」

「芸能人は歯が命」は昔ながらのCMキャッチコピーですが、現在は芸能人も多くの方に施術されている治療法です。口を開けた時に見える歯の正面に、薄い板状の素材を貼り付けます。

ラミネートべニア


ラミネートベニア

クラウンと比べ、歯を削る量が少なく(歯の表側だけ削る)治療が出来ます。
多くの歯科医院は歯科技工(義歯を造る)を外部発注していますが、当院には院内に歯科技工士が5名常在しています。

目的は、より近い所で「歯科医師」「患者様」「歯科技工士」が連携を取れ、リアルタイムに情報を共有出来ることです。それにより、患者様の歯の色に合わせてより自然歯の色彩に近い審美的な仕上げが可能となります。

自費治療での素材は金属が含まれていないので、金属アレルギーになりません。
そして、保険の治療とは異なる精密な型(方法)でつくるので、フィットが良く、レジン系セメントで歯質と接着させるため、治療後の虫歯になりにくいことが特徴です。
保証期間は5年間になります。

ラミネートべニア治療前と後

Non PAC ベニア (当院長の特許取得技術)

従来のラミネートベニアは歯を削る量が少ない為、技工物が出来上がるまで間の仮歯も薄く、外れたり割れたりしやすいという欠点がありますが、Non PAC ベニアは技工物ができた日に最低必要量を削るので、Prepare(歯を削る)・Anesthetize(麻酔をする)・Come off(仮歯がはずれる)を無しに出来る画期的な治療法となります。
保証期間は5年間になります。

Non PAC べニアの治療法はまだ当院でしか施術できませんが、今後はセミナーや講義を開き、日本全国の歯科医院にて、神戸市まで足を運ばなくても施術できる様に進めていく予定です。

ご質問やご相談は、お電話・メールにてお気軽にご連絡ください。
当院には10名の歯科医師が在籍しておりますので、治療中なので手が離せない場合以外は、すぐに歯科医師がご対応致します。

トップページへ 

ページ上まで戻る


診療時間案内

診療時間案内

電話お問い合わせ

メール相談・ご質問・お問い合わせ