子供の小児矯正歯科治療 <神戸矯正歯科審美>

子供・小児矯正歯科治療

小児矯正歯科治療とは、乳歯の段階から歯並びを綺麗な位置に誘導します。
より良い歯並びで準備することにより、永久歯の生え変わり時に備えます。

子供のうちに歯列矯正歯科治療を行う理由

矯正歯科治療の様子

子供のうちに歯列矯正歯科治療を行う理由として、成長期の最中であり、歯列や骨格が完全に出来上がっていない事があります。

歯の生え変わりはほぼ12歳ごろまでに完了し、矯正歯科治療に抜歯を必要とする場合でも労力が少なくて済むのです。また、子供のうちに歯列矯正を行えば、大人になってから矯正歯科治療を行うよりも期間が短くて済むことや、子供のうちに行なえば治療費も安くなることもメリットといえます。

Question
歯列矯正の治療適正時期は?

Answer
3歳から12歳の間は成長期の最中であり、骨格の成長の速度が原因となる出っ歯や受け口を手術無く治療するのに都合が良い時期であることなど、歯列矯正に都合の良い時期であります。


Question
矯正歯科治療の期間は?

Answer
期間には個人差があるものの、おおよそ2~3年から5年程度の長期に及ぶものと考えてよいでしょう。子供のうちに矯正を行えば、矯正期間は短めで済みます。成人になると、矯正期間が10年に達するケースもあるため、早いうちに矯正するのが良いようです。


Merit
歯並びが悪くなる歯を減少させる

Answer
乳歯の抜歯タイミングをコントロールする事により、悪い方向に生える原因を減少させ、噛み合わせを良い状態に導いていきます。


Merit
顎の曲がりの程度をなおす

Answer
顎の成長期において、咬み合わせが正しくない状態を放置していると、顎の変形が更に悪化してしまうことがあります。 顎の成長が残っている時期に咬み合わせの改善をすることで、バランスのとれた偏りの無い咬み合わせになる可能性が十分にあります。


Merit
手術の必要性が減る

Answer
歯の生え変わりの時期に、歯の傾きが原因で受け口になってしまった場合、放置する事で悪い傾きの歯にそって顎が成長してしまい、 成長が止まる頃には顎のずれが大きくなりすぎてしまいます。

改善には顎の手術を併用した矯正治療が必要となることもでてきてしまいますが、あらかじめ咬み合わせを治す事により、 咬み合わせのバランスがとれ、手術の必要性が減少します。


Merit
抜歯の可能性が減る

Answer
狭かった顎を広げたり、歯を移動することにより歯を並べるスペースを作り、不必要な抜歯の可能性を減らす事ができます。


Merit
装置を付ける期間が短くてすむ

Answer
小児矯正時期に歯並びを改善する事で、本格矯正が必要となった場合でも、治療期間を短くすることができます。


Merit
歯や顎への負担を減らす事が出来る

Answer
早期に歯並びを改善する事によって、悪い咬み合わせが原因での極端な歯のすり減りや、顎への負担を減少させます。


Merit
コンプレックスの解消

Answer
早めに目立つ部分の歯並びを改善する事によって、いじめの対象となりえる状態を改善しコンプレックスを解消し、 健全な精神発達の環境を整えてあげる事ができます。


Merit
呼吸、発音の改善に繋がる

Answer
歯並びと呼吸、発音とは深い関係があり、小児矯正によって鼻のとおりが良くなったり、発音の改善にも役立ちます。例えば、歯が出ているこよは口を開いていることが多く、喉の乾燥によって風邪を引きやすいことにもつながります。


Merit
慣れが早い

Answer
子供たちは矯正装置に対して慣れが早く、違和感が少ないです。


Merit
ケガから歯を守る

Answer
とくに前歯が出っ張っているお子さんで飛んだり跳ねたりして遊ぶと勢い余って歯を回りのものにぶつけることがあります。


Merit
早い時期から自分の笑顔に自身が持てる

Answer
今の子供たち(とくに女の子)は早い時期から友達の歯をみて、評価しているようです。キレイで健康的な歯並びは自信にもつながります。


トップページへ 

ページ上まで戻る


診療時間案内

診療時間案内

電話お問い合わせ

メール相談・ご質問・お問い合わせ